Ballet Japan Cup
バレエジャパンカップ

日本から世界を目指す子供たちへ

Outline/開催概要

Ballet Japan Cup2022開催概要
2022年5月2〜3日に開催されるバレエジャパンカップ2022では国内外から著名な指導者をお招きして、多くのかたに国内外のバレエ団、海外バレエ学校への足掛かりとなるチャンスを与えることを目的としています。
詳細は決まり次第お知らせ致します。

Awards/審査結果

Ballet Japan Cup2022審査結果速報
バレエジャパンカップ2022の審査結果、スカラーシップは審査結果発表後、こちらからご確認いただけます。

 

NEWS/お知らせ

 

Ballet Japan Cupからのお知らせ
バレエジャパンカップから皆様にお送りする最新情報はこちらからご覧いただけます。

開催概要

【目的】
「日本から世界を目指す子供たちへ」
バレエジャパンカップでは日本でバレエを学ぶ子供たちの国内外のバレエ団、バレエ学校への足掛かりとなることを目的しています。

審査結果

バレエジャパンカップ・プレセレクション・ワークショップ、バレエジャパンカップ・プレセレクション、バレエジャパンカップ・セミファイナル、バレエジャパンカップ・ファイナルの審査結果、及びスカラーシップ受賞者はこちらからご確認いただけます。

スカラーシップ・入学許可

バレエジャパンカップでは多くのスカラーシップ・入学許可を提供しております。各バレエ団、バレエ学校のディレクターが実際に出場者の皆さんの踊りを観て、ディレクター自身が選ぶため、選ばれた方々にはもっとも信頼できるスカラーシップ・入学許可が授与されます。

審査員

バレエジャパンカップでは国内外の著名な指導者の方々をお招きしております。ヨーロッパのバレエ団、バレエ学校のディレクターを中心に、国内バレエ団の芸術監督も予定されています。

David Makhateli/デイヴィッド・マッカテリ
 元英国ロイヤルバレエ団プリンシパル
 グランドオーディションディレクター

Christopher Powney/クリストファー・パウニー
 英国ロイヤルバレエスクールディレクター

Oliver Matz/オリバー・マッツ
 スイス国立チューリッヒダンスアカデミーディレクター

Ernst Meisner/アーンスト・マイスナー
 オランダ国立バレエ学校・ダッチナショナルバレエジュニアカンパニーディレクター

Natalia Hoffmann-Sitnikova/ナタリア・ホフマン・シトニコヴァ
 ミュンヘン州立バレエアカデミー教授

Wieslaw Dudek/ヴィスラフ・デュデック
 元ベルリン国立バレエ団プリンシパル
 ユーススピリットオブダンスディレクター

Etsuko Adachi/安達悦子
 東京シティ・バレエ団芸術監督

審査員
 決定次第お知らせいたします。

審査員
 決定次第お知らせいたします。

エントリーはWEBから
バレエジャパンカップ2022
プレセレクション
お申し込み

バレエジャパンカップ2022のプレセレクションは、課題レッスン動画により審査されます。
そこから選出された方とプレセレクション・ワークショップから選出者が2022年5月2〜3日に開催されるセミファイナル・ファイナルに出場できます。