Ballet Japan Cup2022開催のお知らせ


2022年5月2〜3日、国内外のバレエ団への入団や海外バレエ学校への入学への足掛かりとなるバレエコンクール「Ballet Japan Cup」の開催が決定し、皆様にお知らせできることを嬉しく思います。

第1回目となる2022年5月に開催されるBallet Japan Cup2022には、海外から世界最大規模のバレエ団オーディションを主催する元英国ロイヤルバレエダンプリンシパルでありグランドオーディションディレクターDavid Makhateli/デヴィッド・マッカテリを審査員長に、世界各国から優秀な生徒の集まる英国ロイヤルバレエスクールのディレクターのChristopher Powney/クリストファー・パウニー、近年その生徒がローザンヌ国際バレエコンクール等で目覚ましい活躍をみせるチューリッヒダンスアカデミーからディレクターのOliver Matz/オリバー・マッツ、ヨーロッパの中心に位置し、政界中で活躍する多くのダンサーを輩出しているオランダ国立バレエ学校からディレクターのErnst Meisner/アーンスト・マイスナー、日本人も多く活躍するポーランドブロツワフバレエ団からディレクターのMarek Prętki/マレク・プレンツキらが来日します。

日本からは安達悦子芸術監督(東京シティバレエ団)にお越しいただき、バレエ団への入団審査(予定)もしていただけます。

これから海外のバレエ学校を目指す子供たちはもちろん、国内外のバレエ団を目指すかたにも大きなチャンスとなるBallet Japan Cup開催は2022年5月2〜3日です。

 

5月のセミファイナルに出場できるのは各部門20〜60名の予定で、8月からエントリー開始となる課題動画によるプレセレクションを通過したかた、もしくは本年8月に大阪と東京で開催されるプレセレクション・ワークショップで選出された方々のみとなっています。

セミファイナルは舞台での課題レッスンとヴァリエーションにより審査が行われ、各部門の入賞者10名のみが最終日のファイナルへと進みます。

ファイナルでは再度同じヴァリエーションを躍るのですが、審査員は採点をしませんプロフェッショナルのダンサーが観客の心を掴むように、審査員の心に響くような印象的な踊りを披露された方を選びたいため、ヴァリエーション後の審査員の話し合いにより優秀者が決定します。

セミファイナルの点数は加味されませんので、ファイナルの舞台では観客の心を掴むような踊りを披露してください。

また、スカラーシップも充実しており、バレエ学校への短期・長期留学(提携サポートも充実しています)だけでなく、国内外のバレエ団への正規入団/アパレンティスや最終審査への挑戦権、世界最大級のバレエ団合同オーディションであるグランドオーディションの一次審査免除のスカラーシップの可能性もあります。
これらのスカラーシップはファイナルに残った方だけでなく、セミファイナルに出場された方々すべてに可能性があります。

【予定審査員】

David Makhateli/デヴィッド・マッカテリ(元英国ロイヤルバレエダンプリンシパル、グランドオーディションディレクター)
Christopher Powney/クリストファー・パウニー(英国ロイヤルバレエスクールディレクター)
Oliver Matz/オリバー・マッツ(チューリヒダンスアカデミーディレクター)
Ernst Meisner/アーンスト・マイスナー(オランダ国立バレエ学校ディレクター)
Marek Prętki/マレク・プレンツキ(ポーランドブロツワフバレエ団ディレクター)
Wieslaw Dudek/ヴィスラフ・デュデック(ユーススピリットオブダンスディレクター)
安達悦子(東京シティバレエ団芸術監督)

※審査員はやむを得ず変更となる場合もございます。

審査員の詳細はこちらから

 

【開催日】

 2022年5月2日(木) 

ジュニアⅠ部門・ジュニアⅡ部門セミファイナル

 2022年5月3日(金) 

シニア部門・ボーイズⅠ・Ⅱ部門セミファイナル、各部門ファイナル、表彰式
※セミファイナル審査の予定は変更となる場合がございます。

 

【エントリー】

 エントリー期間 8月から12月末を予定 

 

【出場年齢】

10~22歳(2022年4月1日時点)

 

【部門】

ジュニアⅠ部門 10~12歳 女性(全員バレエシューズ)
ジュニアⅡ部門 13~15歳 女性
シニア部門 16~22歳 女性
ボーイズⅠ・Ⅱ部門 10〜14歳 男性、15~22歳 男性

 

【出場料】

プレセレクション登録料 8,800円(消費税込み)

セミファイナル出場料 38,500円(消費税込み)

※ファイナル進出時には別途費用は必要ございません。

 

【審査】

プレセレクション

 審査内容  課題レッスン動画によるビデオ審査

プレセレクションワークショップ

 審査内容  ヴィスラフ・デュデック先生によるプレセレクション・ワークショップ受講者の中から若干名、セミファイナルへの出場資格が与えられます。

2021年8月7日 プレセレクションWS in Osaka
 スタジオマーティ 大阪本町
大阪府大阪市中央区南久宝寺町2丁目2-7 船場エクローズ1F

2021年8月8日 プレセレクションWS in Tokyo
 新宿村スタジオ  C312スタジオ
東京都新宿区北新宿2-1-2

セミファイナル

ジュニアⅠ部門
ジュニアⅡ部門
シニア部門
ボーイズⅠ・Ⅱ部門

 審査内容  課題レッスン・ヴァリエーション

ファイナル

各部門10名のTop10ファイナリスト

 審査内容  ヴァリエーション(セミファイナルと同じ演目)

 

【プレセレクション】

一次審査にはバストアップ写真(プログラムにも掲載されます。)、アラベスク・アラセゴンの写真(画像ファイルのデータ形式はgif、png、jpg、jpeg、HEIC、2MB以内)、規定のレッスンの動画(限定公開にしたYouTubeのURL、スマホ撮影でも問題ございません。)が必要となります。それをもとに審査員が一次審査を行ない、5月2〜3日に開催されるセミファイナル出場者が決定します。
審査結果は3月末までに発表される予定です。

バストアップの写真は、可能な限り白背景で、女性は髪型をシニヨンにし縦長で撮影、アラベスク・アラセゴンも可能な限り白背景で、全身が写るように縦長で撮影してください。

レッスン動画は、指定のサンプル動画(エントリーページ内にございます。)をダウンロードし、同じ振り付けで横長で撮影したものをYouTubeに限定公開(URLを直接入力した時だけ視聴できる状態)してください。そのURLをエントリーフォームに貼り付けてください。
ジュニアⅠとボーイズⅠは「Ballet Japan Cup 課題動画 ver,2」、ジュニアⅡ・シニア・ボーイズⅡは「Ballet Japan Cup 課題動画 ver,1」の振付
となります
*Youtubeへの限定公開でのアップロード方法:動画アップロード
*動画は審査員によるビデオ審査に利用され、バレエジャパンカップサイトにて、公開される場合もございます。

写真、動画ともに女性は黒のレオタード(長袖も可)にピンクのバレエシューズ、スカートはなし(課題動画ではスカートを着けていますが撮出場者はなしです)、男性はぴったりした白いTシャツに黒タイツ、白ソックス、白のバレエシューズを着用し撮影してください。

*振付が難しい場合は簡単な振付に若干の変更は認めます。変更した際も審査には影響はございません。この動画審査では参加する生徒のテクニックではなく、身体条件などのポテンシャルを審査するためです。
尚、プレセレクションの舞台上でのレッスンはバーレッスンのみとなる予定です。

 

【プレセレクションワークショップ】

ビデオによるプレセレクションとは別に、バレエジャパンカップの主催するワークショップにより、優秀者はバレエジャパンカップ2022本選出場の権利が得られます。
ワークショップは東京と大阪の2都市で開催。プレセレクションに申し込んでいてもいなくても受講可能です。
すでにエントリーは始まっており、ジュニアクラスは定員に達しております。

2021年8月7日 プレセレクションWS in Osaka

スタジオマーティ 大阪本町
大阪府大阪市中央区南久宝寺町2丁目2-7 船場エクローズ1F

2021年8月8日 プレセレクションWS in Tokyo

新宿村スタジオ  C312スタジオ
東京都新宿区北新宿2-1-2

 エントリー期間 6/14〜 

エントリーはこちらから

 

 

【セミファイナル・ファイナル】

セミファイナルでは、プレセレクションでのレッスンを舞台上で数グループに分けて再度行ないます。内容は課題レッスンの振付通りとなります。
*女性は黒のレオタード(長袖も可)にピンクのバレエシューズ、スカートはなし、男性はぴったりした白いTシャツに黒タイツ、白ソックス、白のバレエシューズ着用。

レッスン審査後、個人ヴァリエーション審査となり、レッスン審査と個人ヴァリエーション審査の総合点でファイナリスト各部門10名が決定いたします。
*ヴァリエーションは衣装、メイクあり、女性はジュニアⅠ部門は全員バレエシューズ、ほかの部門は全員トゥシューズ。

ファイナル進出者は、5月3日に再度同じ個人ヴァリエーションを披露していただきますが、ファイナルでは審査員は採点を行わず、審査員による審査後の話し合いにより順位を決定いたしますので、審査員の心を奪うような心のこもった踊りを披露してください。コンクールではありますが、テクニックだけにたよらず、本当の舞台のように観客の心を掴むような踊りをされた方が評価されるようにとの思いからです。

 

【表彰】

各部門セミファイナル進出者には優秀賞の賞状を授与
*ファイナル進出者発表後、ホール入口にてお受け取りください。

ファイナリストのジュニア Ⅰ部門10名、ジュニア Ⅱ部門10名、シニア部門10名、ボーイズ部門10名にはTOP10ファイナリストの賞状を授与し、各部門1〜3位には入賞記念品も授与されます。
また、全部門から最も優秀な出場者にはGrand Prixが授与されます。

Grand Prix
各部門1〜3位
各部門TOP10
指導者賞

審査結果や最新情報は「Ballet Japan Cup公式LINE@」からも配信されます。

友だち追加

 

【スカラーシップ】

【バレエ学校】

英国ロイヤルバレエスクール 年間スカラーシップ
英国ロイヤルバレエスクール 年間入学許可
英国ロイヤルバレエスクール 短期入学許可
チューリッヒダンスアカデミー 年間スカラーシップ
チューリッヒダンスアカデミー 年間入学許可
チューリッヒダンスアカデミー 短期入学許可
オランダ国立バレエ学校 年間スカラーシップ
オランダ国立バレエ学校 年間入学許可
オランダ国立バレエ学校 短期入学許可

ポーランド国立ビトムバレエ学校 年間入学許可
ポーランド国立ビトムバレエ学校 短期入学許可
※該当者なしの場合もあります。

【バレエ団】

グランドオーディション2023 1次審査免除
ダッチナショナルバレエ ジュニアカンパニー正規入団
ダッチナショナルバレエ ジュニアカンパニーアパレンティス入団
ダッチナショナルバレエ ジュニアカンパニー現地ファイナルオーディション挑戦権

ブロツワフバレエ団正規入団
ブロツワフバレエ団アパレンティス入団
ブロツワフバレエ団現地ファイナルオーディション挑戦権
東京シティバレエ団正規入団(予定)
東京シティバレエ団アパレンティス(予定)
※該当者なしの場合もあります。

 

【会場】

かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール

〒124-0012
東京都葛飾区立石6丁目33−1

【お問合せ】

Ballet Japan Cup事務局
b
alletjapancup@gmail.com

 

*2021年6月時点での最新情報となりますが、都合により内容が変更になる場合がございます。開催概要ページに掲載されている内容が最新の内容となりますので必ずお確かめの上お申し込みください。